普通自動車のスピード違反の罰則一覧




普通自動車のスピード違反の罰則一覧
普通自動車の交通違反で最も多い「スピード違反」。
スピード違反した場合にはどれくらいの基礎点数が加算され、反則金を支払わなければいけないかというのをまとめました。
※2016年9月15日時点の情報です。

一般道路でのスピード違反の点数と反則金

15km/h未満超過:1点 9,000円
15km/h以上20km/h未満超過:1点 12,000円
20km/h以上25km/h未満超過:2点 15,000円
25km/h以上30km/h未満超過:3点 18,000円
30km/h以上50km/h未満超過:6点、刑事罰に値し、簡易裁判で罰金決定(6~8万円)
50km/h以上超過:12点、刑事罰に値し、簡易裁判で罰金決定

高速道路でのスピード違反の点数と反則金

15km/h未満超過:1点 9,000円
15km/h以上20km/h未満超過:1点 12,000円
20km/h以上25km/h未満超過:2点 15,000円
25km/h以上30km/h未満超過:3点 18,000円
30km/h以上35km/h未満超過:3点 25,000円
35km/h以上40km/h未満超過:3点 35,000円
40km/h以上50km/h未満超過:6点、刑事罰に値し、簡易裁判で罰金決定
50km/h以上超過:12点、刑事罰に値し、簡易裁判で罰金決定

累積点数

過去3年間の累積点数により免許使用停止の内容が変わってきます。
6点:30日の免停
9点:60日の免停
12点:90日の免停
15点以上:免許取り消し

免停となることによりそれまでの累積点数は0点に戻りますが、「前歴」がつくことになります。

前歴が1回ある場合には、上記よりも対象となる過去3年間の累積点数が低く設定されます。
4点:30日の免停
6点:60日の免停
8点:90日の免停
10点以上:免許取り消し

前歴が2回以上となると、さらなる厳罰を受けることとなります。

無事故・無違反者の優遇措置

免停などの基準は「過去3年間の累計点数」とされていますが、下記条件を満たしている場合は累積点数が加算対象から外されます。

1.「1年間、無事故・無違反の場合」違反から1年経過するとその後に違反で点数が入っても合算されません。
2.「3点以下の軽微な違反があったが、その前の2年間無事故・無違反の場合」違反から3ヶ月以上無事故・無違反の場合は、違反から3ヶ月経過すると、その違反分の点数は累積対象から除外されます。

違反切符の種類

軽度な違反の場合は「青切符」が警察官によって切られます。反則金を期日までに支払いましょう。
1回の違反が6点以上の重度な違反の場合は「赤切符」が警察官によって切られます。こちらは刑事罰扱いとなり前科がつくことになります。また交通裁判所への出頭を命じられます。