ソフトの「x86」と「x64」のどっちが「32ビット版」「64ビット版」なのか





ソフトやダウンロードするプログラムによく記載されていることがある「x86」「x32」という用語。
同じソフトならどっちでもいいのか?どちらをインストールすればいいのかわからないことがあります。

x86が32ビット版、x64が64ビット版

同じプログラムでも「x86」「x32」の2種類が用意されている場合は、ソフトをインストールするパソコンの基本OSであるWindowsが32ビット版なのか、64ビット版のどちらを使っているかを確認します。
そして、32ビット版なら「X86」64ビット版なら「x64」のパッケージを選びます。
ちなみに64ビットの方が高性能です。

語源はインテルのCPU

x86とかx64とかの語源については、本体の頭脳部であるCPUの名称からきています。
はじまりは、インテル(Intel)が1982年に発売したCPU「Intel 8086」という16ビットCPU。
その後、発売されるCPUに合わせるように、32ビットは「x86」、64ビットはx64と呼ぼれるようになった。