Jアラートまとめ – 北朝鮮が日本に向けてミサイルを発射したときの対応




2017年8月29日に初のJアラートの国民保護が発令

2017年8月29日AM6:02に日本の穏やかな朝が北朝鮮により打ち消されました。
Jアラートの国民保護に関する警報が発令されたのです。
北朝鮮西岸から午前5時58分頃に発射された弾道ミサイルが日本上空を通過、6時6分頃に襟裳岬の東1180kmの太平洋上に落下しました。

Jアラートが鳴るのは危険対象地域のみ

とはいっても日本の全都道府県で鳴ったのではなく、危険と判断された次の12道県にとどまった。
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県。
それ以外の地域にいた場合は基本鳴らないので、今回流れなくても異常があったわけではありません。

格安SIMは対象外の場合も、Yahoo!防災情報アプリで代用をお勧め

Jアラートが発令された場合、対象地域にいた場合は基本防災無線が鳴るので、屋外にいればまず気づくでしょう。
ただし屋内だと聞こえない可能性があります。
そのような時に心強いのが、携帯電話による緊急速報。
3大キャリアの回線で最近の携帯電話を使っていれば、ほとんどの機種で自動で緊急速報を受信して知らせてくれる仕組みができています。
ただし、対応していない古い携帯端末や、格安SIM(MVNO)契約の場合は、対応されていない可能性があります。
iPhoneの場合はほとんどの機種で対応しているようですが、アンドロイド端末は未対応が多いようです。
そのような場合は「Yahoo!防災速報」のアプリの使用をお勧めします。
iPhoneとAndroid両方に対応しています。
今回の国民保護についても、危険対象地域ではなかったので、Jアラート自体はならなかったのですが、Yahoo!防災速報がリアルタイムで教えてくれました。
地震やゲリラ豪雨、津波などの様々な災害情報を教えてくれる、身を守る必須アプリだと思っています。

Jアラートによる情報伝達の流れ

下記は内閣官房の国民保護ポータルサイト(http://www.kokuminhogo.go.jp/shiryou/nkjalert.html)に記載されている内容です。
Jアラートが発令されるとアクセスが集中して見れない状態になってしまうため、ここに引用させていただき、いざという時に活用できるよう記載しています。

弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がでた場合、まず初めに「ミサイル発射情報・非難のよびかけ」が行われます。
その際は屋外にいるときは、近くの頑丈な建物や特に地下がオススメとされていますが都心でもないかぎり地下はあにと思いますので、頑丈そうもしくは最低限建物の中に入って避難しましょう。
近くに建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ります。
屋内の場合はできるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動します。
爆風は強力なので、ガラスの破片で大けがをする可能性が高いためです。
次のステップは3種類に分かれます。

日本に落下する可能性があると判断された場合

弾道ミサイルが発射後、日本の領土もしくは領海に可能性があると判断された場合、次のような順番で速報が流れます。

  1. ミサイル発射情報・非難の呼びかけ「ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難して下さい。」
  2. 直ちに避難することの呼びかけ「直ちに避難。直ちに避難。直ちに頑丈な建物や地下に避難して下さい。ミサイルが落下する可能性があります。直ちに避難して下さい。」
  3. 落下場所等についての情報「ミサイル落下。ミサイル落下。ミサイルが●●(地名)地方に落下した可能性があります。続報を伝達しますので、引き続き屋内に避難して下さい。」

日本の上空を通過した場合

弾道ミサイルが発射後、日本の領土もしくは領海の上空を通過した場合、次のような順番で速報が流れます。
2017年8月29日がこれにあてはまります。

  1. ミサイル発射情報・非難の呼びかけ「ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難して下さい。」
  2. ミサイル通過情報「ミサイル通過。ミサイル通過。先程、この地域の上空をミサイルが通過した模様です。不審な物を発見した場合には、決して近寄らず、直ちに警察や消防などに連絡して下さい。」

日本の領海外の海域に落下した場合

弾道ミサイルが発射後、日本の領海外の海域に落下した場合、次のような順番で速報が流れます。

  1. ミサイル発射情報・非難の呼びかけ「ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難して下さい。」
  2. 落下場所等についての情報「先程のミサイルは、●●海(落下推定場所)に落下した模様です。不審な物を発見した場合には、決して近寄らず、直ちに警察や消防などに連絡して下さい。」

北朝鮮から日本にミサイルが弾着するまでの時間

北朝鮮から日本にミサイルが弾着するまでの時間は、内閣官房の国民保護ポータルサイトのFAQページからすると、過去の実績では約10分ほどで1600km離れた沖縄県先島諸島上空を通過しているそうです。
逃げる時間はほぼないに等しいので、身近で身を守る最善の方法をとるしかなさそうです。

iPhoneで緊急速報を受信する設定

iPhoneでJアラート等の緊急速報を受信する設定を紹介します。

  1. ホーム画面にある「設定」アイコンをタップ
  2. 設定画面から「通知」をタップ
  3. 通知設定画面を一番下までスクロールして、「緊急速報」をON(緑色の状態)にします

キャリア別緊急速報メールについて